おだニッキ

きっとDESIGN要素強め。

1ヶ月で1万人のフォロワーを増やしたデザインマーケティング戦略議事録

こんにちは!株式会社FOLIOでデザイナーとしてインターンをしている織田です。
FOLIO advent Calendar4日目担当です。昨日は大西さんによる「Apple製品の法人での取り扱いについて」でした。
※タイトルの通りですが、この記事は99.9%くらいフォリオと関係ない内容です。フォリオファンとして何か期待してる方は読み飛ばすか箸休めだと思って読んでくださると幸いです。


ということで趣味の話をします。

以前から、趣味で描いた絵をtwitterにあげたりしていた人間です。
最近は、ほんの少しだけデザイン思考をちらつかせながら絵を描いていたら、その絵がまあまあ沢山の反響をいただき、フォロワーさんが1500人→10700人くらいにどばっと増えました。


実際にtwitterで反響のあった投稿がこちらです。


私の発信するコンテンツは主にイラストです。
そして、主にこの3つの漫画の爆発的な拡散力によって一気にフォロワーが1万人ほど増えました。
前々から絵を描き続けていたこともほんの少し要因としてあるかもしれませんが、絵が描ける=フォロワーが増えるというわけではないことは、元々のフォロワー人数でわかるかと思います。
ということで、せっかくなので「どうやって1ヶ月で1万人のフォロワーを増やしたのか」という問いに対して、普段デザインをする上でも共通する考え方を交えながら誰でも実践できそうなポイントをかい摘んで共有していこうかと思います。

腑に落ちたらぜひ実践してみてください。



全ては「いかに心を射止め、読み続けたいと思わせるか」である

私の場合ですが、反響のある記事をひとつ上げるだけでは、せいぜい増えても3000人ぐらいが限度です。
だからこそ、コンテンツを継続的に爆発させて着実に増やすためには、「ユーザーの視界に入ること」、「セルフブランディング」、この2つの組み合わせが非常に重要でした。

・ユーザーの視界に入ること
これは、いかにしれっとユーザーの視界に入り、コンテンツに興味・関心をもってもらうか。
そのために言葉やイラスト、表現するためのあらゆる手段を駆使します。
そして「続きそうだ」と思ってもらうまでが目的です。
私の場合は漫画だったこともあり、漫画の世界にある「連載」という先入観で、「続きそう」と思ってもらえたのかもしれません。

・セルフブランディング
これは、内容の抽象度やレベル感といったトーン&マナーを意識します。
客観的にみて、自分がどんな人間かわかりやすい人物像を構築することが大切です。
ですが、別に必ずしもその人物像になる必要はないと思います。あくまで、ユーザーさんの中に自分のイメージが明確に作り込まれることが目的です。


今回はセルフブランディングは省きます。
まず、投稿したコンテンツから次に自分へ興味を持ってもらうために、トリガーとなる「ユーザーの視界に入ること」において、どんな人にでも分野でも共通しそうなポイントを3つ上げてみました。

ユーザーの心を射止めたい!3つのポイント

1. ユーザーを知る!最も伝えたい人の生息地を探そう

超ムキムキで外国風な出で立ちのイケメンコスプレイヤーがアイドルの握手会場に登場しても、だれも見向きもしない可能性が高いです。
しかし、コミケやコスプレ会場に登場したらどうか。瞬く間にシャッターが切られ一躍脚光を浴びる神的な存在になるかと思います。
つまり、ユーザーを分析して、自分のコンテンツを見てくれる人がいる場所を探そうという話です。

わたしのコンテンツは、「日々、あと一歩が踏み出せない背中をすこし押す」というのをコンセプトにしていますが、そこでtwitterを選んだ意図は、twitterが人々の悩みの捌け口だと判断したからです。
主観的なものですが、Instagramは、世間に置いてキラキラした表向きの自分を発信する場所という印象に対して、
twitterは、愚痴や悩みをひっそり呟く場所という印象でした。
「あと一歩が踏み出せない状態」、そこから連想できるイメージは「勇気が出ない」「言いたいことが言えない」「不満が溜まっている」「悩みや不安を抱えている」「負の感情を溜めやすい」など、他にもたくさんイメージは湧きます。そしてtwitterはそれらの感情に関連性のある人が住み、私のコンテンツを伝えたい人が生息する場所だと判断し、発信場所としてtwitterを選びました。おそらくinstagramで投稿していたら、あれほど反響はもらえなかっただろうと思います。

伝えたい相手がどんな性格なのか?どんな課題を抱えているのか?どこで情報を得ているのか?普段どんな風に過ごしているのか?何に時間を使っているのか?どんな曲を聴くのか?どんな内容に興味を示す傾向があるのか?
いつも起動してるスマホのアプリまで想像できたら最高ですね。

2. グッとくる!ターゲットの心に刺さる言葉を使おう

初心者向けの書籍のタイトルで、「初心者必見!〇〇の基礎入門」とか「これだけ読めば基本がわかる!〇〇の読み方」っていう言葉をちらほら見かけますね。

あえて「初心者」という言葉でターゲットを指名したり、「これだけ読めば基本がわかる」という初心者の中でもめんどくさがりorせっかちな人の心理を突いたとてもキャッチーなタイトルだと思います。それだけで中身を検討する意欲に繋がります。
つまり、それだけタイトルの言葉って大事です。
いかにコンテンツの中身が良くても、それを読んでもらわなければ話は始まりません。

自分がtwitterで漫画を投稿するときは、必ずタイトルを「〇〇な人へ」「〇〇の話」にしています。
タイトルが決まっていない、もしくはあまり響かない言葉の場合、そもそも画像を開いてもらえません。無意識に画像を開いてもらうために、まずターゲットが興味を持ってくれるようなトリガーとなる適した言葉が必要だと思います。惹かれやすいのは自分とその話の共通項です。
出会って7秒で第一印象が決まる合コンと一緒ですね。
合コンは笑顔が大事と言いますが、自己紹介の第一印象でも相手との共通項が大事です。共通項があれば気軽に話せますし、親近感も湧きます。コンテンツも同様で、自分に共通する言葉に人は反応します。
まずユーザーに興味を持ってもらうために、相手の心を揺さぶるような言葉を探しましょう。

3. 一言でわかる!最も伝えたいことを明確にしよう

プレゼンにおいても言えることだと思いますが、いろんなことを詰め込みすぎると、結局何が言いたいのかがまとまらず「とりあえずなんかすごいことたくさん話してたなあこの人」で終わります。
弊社CDOは、圧倒的なプレゼン力でデザイナーのみならず様々な場所で異彩な存在感を放っておりますが、彼の話がわかりやすいのは、伝えたいことが一言で要約できることだと思います。
一言で要約したものをタイトルにするかどうかはコンテンツの見せ方や内容によって最適解は異なるだろうとは思いますが、自分の中で一言で要約できるに越したことはありません。
自分が一言でまとめられないものであれば、他人が明確に理解できるわけがないのです。
まずコンテンツを作ったら、客観的な目で全体を通して何を伝えようとしているのか一言でまとめてみるのがおすすめです。
そして、自分が伝えたいと思っていることコンテンツの内容を一言でまとめたもの、この二つを照らし合わせてみた時、双方のニュアンスが同じであれば、正しく伝わるのではないかなと思います。

なんだかんだ「何を伝えたいのか」がいちばん大事

色々ポイントを言いましたが、結局は自分の中で、誰に何を伝えたいと思っているかが一番大事だと思います。
私のコンテンツの拡散された理由はおそらく多数の「共感力」によるものでしたが、あっと驚くものや自分の学びに繋がるもの、自分の悩みを解消してくれるものに惹かれる人もいますし、拡散されるきっかけはコンテンツの内容によって様々です。
だからこそ、クリエイターとして自分が伝えたいことを最適な手段で伝えることが最も大切なのではないかなと思います。



以上、全くフォリオ関係ない記事をお送りしました!
FOLIOにきて3ヶ月目になりますが、入った当初CDOtwitterにてイラストバズりの女王だかなんだかと紹介されつつ得体不明な人間だったと思うので、ちゃんとそれを証明する機会があってよかったです。
働く先も決めず毎日インターンしてますが、日々めちゃめちゃ楽しいです。お付き合いありがとうございました!
FOLIO Advent Calendarはまだまだ続きます。明日の記事は杉上さんの「Redux+Rxを活用したiOSアプリアーキテクチャ」です!

じぶんにとっての「わくわく」の正体



いままで呪文のように「わくわく」という言葉を使っていました。

「もっとわくわくするデザインがしたい」
「わくわくするアイデア考えられるようになりたい」

なんか最近わくわくってすごい連呼してるけど、実際じぶんのよく言う「わくわく」ってなんのこと言ってるのか明確にこれ!っていうのが言えなくて、
「ワクワクの正体ってなんだ?」
ってずっともやもやしてました。

朝起きて、先日amaz○nから届いたノーマン著の「エモーショナルデザイン」を読んでいたら、なんかふわっと自分の中のもやもやが解消される言葉がありました。

物理的な手触りや感触は、その評価に大きな違いを生む。
物理的なものは情動世界を伴う。そこには、肌触りの良い表面の感覚やざらざらした不快な感触がある。


あっ
私の悩んでた「わくわく」って感覚、これだ

「触感」だ。
ずいぶん前に興味本位&無意識で『触楽入門』って言う本を買ったけど、何であの本買った時に気づかなかったんだろう)


ゼリー状芳香剤のプルプル感、こんにゃくを指で押す弾力感、土壁のザラザラ感、洗ったお皿のツルツル感、前浜の砂のさらさら感、ボールプールに埋まる圧迫感とゴツゴツ感、しばらく掃除サボってたお風呂の角のぬめる感。 自分だったら、こんな物理感が画面の中にあったら楽しいなあと思う。

iPhoneの話

日本人の大好きなAppleiPhone。 今は自分も普通にiPhoneを使っているけど、ガラケーからスマートフォンに切り替えるとき、少し寂しいような怖いような、言いようのない違和感を感じたことがあって、

「最先端かっこいい、スタイリッシュでシンプルでかっこいい、でも心なしか、ボタンの「確かに」押した感欲しい」

と思ったことがありました。
幸いiPhoneは、中央に「ホーム」という物理的なボタンが一個。そのボタンに言い知れない安心感を覚えているのは今もきっとそうです。
(今後なくなると聞いてわずかに触感の不安を抱えてる)

iPhoneの液晶画面が丸ごとボタンになれば安心する問題なんだろうか。


絵を描く感触

もう一つ、普段の自分の生活の中で触感に関して。
「紙とペン」を使ってアナログで絵を描く触感と、「ペンタブレットとディスプレイ」を使ってデジタルで絵を描く触感は、だいぶ違う。

「デジタルはアナログを模倣しろ」とかそう言うことじゃなくて、それぞれのアイデンティティみたいなものはあって、同じものじゃないけどどっちもよいとは思っていて。
ただ触感に関して言うと、個人的にはアナログの方がまだまだ心地よいという話。

アナログは、鉛筆の尖った芯が少しだけ紙に沈む感覚とか、線を引く時に感じる重みと引っ掛かりとか、筆の進め方で変わるインクの染み方とか、紙とペンの摩擦で起きるインタラクションが、他にない唯一無二の魅力。

デジタルは、質の違うプラスチック同士の無機質だけどアナログに近づけようとしてる独特なマット感とか、基本的に優秀でさらさら描けるけど、たまに動作が遅くなってペンの物理的な動きに慌ててついてくみたいに後を追う画面の中のペンが生き物っぽく見えたりとか、アナログを模倣して生まれて、全然感覚違うけどちゃんと独特な感触が存在してる魅力。

まあどっちも魅力的で面白い性格を持ってるんだっていう面白くない結論に行き着くわけだけど、伝わる触感はやっぱりアナログの方が好きです。




この話というのも、先日友達と街中うろついてたら、自分が素材感のことばっか言ってると指摘されたのがきっかけでした。
なんでだろうとぐるぐる考えてながら本を読んでいたら、最近のわくわくという謎の正体にも行き着いて、なるほどそういうデザインがしたいのか。
考えることと伝えることが不慣れすぎて、思考を言語化するよう意識してたら、自分のにとっての新しい感覚を認知しました。

言語化って大事だなあ。こういうの作れるようになりたいなあ

デザインをするまでの6年くらい自分振り返り。

最近就活で自分の経験を話すことが多いんですが、人によって欲しい情報違うし、何が気になるポイントなのかわからないので、一旦全部言語化してみようかなって思います。

以下略歴


2011年春:
家から近くて美術の授業があるという理由で入った普通の私立高校の授業から、「美術」という科目がなくなる。(特に美術に特化した高校ではなかったけれどまあまあのショックを受けた)

2012年冬:
高校2年生の冬、突然「美大に入りたい」と言い始め、とりあえず通える距離にある美大予備校のパンフレットをかき集めて親を説得する。 なんとか承諾を得たので、デザイン科に入る。その後水粘土をいじりたいという不純な動機で工芸科に移る。芸大を目指す。

2013年夏:
受験の焦りと金銭的な現実に目を背けられなくなってくる。
夏のコンクールの石膏デッサン部門で鬼講師で恐れられていた人の賞をもらったことで何か吹っ切れて、「馬鹿高い学費払うくらいなら趣味でやりたいことやったほうがマシだ」と思い予備校をやめて普通受験に変更する。

2013年秋:
普通受験といってもプレッシャーに弱い人間だったので、どうやったら受験という忌々しいイベントを早く終わらせられるか試行錯誤した結果、女子大の特待生入試的なものを受けて滑り込んで、一般試験免除枠を獲得し受験生活を強制終了させる。

2014年春:
女子大にはいったため、せっかくだからととりあえず東大のテニスサークルに足を突っ込むも一瞬で合わないと判断してやめる。
大学生でやるからこそ面白いアルバイトはないかなと模索してると、たまたま通学途中の駅に日本で一番高い電波塔のショッピングモールがあったので、そこでアパレルのショップ店員になる。おしゃれな人がたくさんいるため、ここで色彩センスや空間のなんちゃってブランディングを学ぶ。

2015年夏:
アパレルで荒稼ぎしていたのと趣味で絵を描いて創作活動していたこともあり、「学生芸術展覧会」に出展してみる。 原画やトートバッグ、ポストカードなどを販売。一人だと寂しいので、バンド活動をしていた友人を無理やり誘い自分のブースで歌ってもらう。

2015年秋:
アートイベント「デザインフェスタ」に出展する。
前出展した時はなりたい姿じゃなかったので、自分の画風をもう一回意識し直して、新しいグッズに加えて画集を販売。宣伝は主にSNStwitter

2016年春:
性懲りも無くまた「デザインフェスタ」に出展する。
深く考えることが好きだったので、哲学専攻のゼミに入る。

2016年夏:
周りが就活を意識し始める。自分はどんな仕事がしたいだろう?と思った時、「手に職がある仕事がしたい」と思い、プログラミング学習サービスを受講。そのまま同社でメンターに従事。

2016年冬:
会社のデザイン案件がたまっておりリソースも足りてなかったので、デザインの勉強を始め、バナーや印刷物などのタスクを受け持つ。

2017年春:
たまたま知り合いに自社開発アプリのデザインを頼まれ、やったことなかったけど受ける。ここで初めてアプリケーションのデザインをする。
ひたすらアプリを落としてUI真似てみたり、PMと機能についてばちばち言い合ったり、デザイン思考錯誤したり、初プロトタイプ作ったり、初マークアップを経験する。

2017年夏:
ポートフォリオ「Odaforio( odakyoka.github.io )」が完成する。同時にだいぶ出遅れた就活を始める。
Goodpatchのサマーインターンに参加して、デザインのすごさを改めて知る。


ざっと書くとこんな感じなんだろうか、 完全に自分ログなので読みづらいけど、まあ自分がわかればいいか。

サマーインターンを個人的に振り返りました。

 
まず結論だけ言うと、
めっっっっちゃ楽しかったです。
 
 
先週Goodpatchのサマーインターンに参加させてもらいまして、めちゃくちゃ濃厚な5日間を過ごしてきました。そして短期インターンは初めての経験だったので、この体験自体が丸ごと新鮮でした。
 
何より時間の大切さを学んだ。友達たくさん出来た。自分の中の劣等感を少し払拭できた。
友達たくさん出来たのがめっちゃ大きいです。
(個人的に神だと思ってるGoodpatchさんのコーポレートサイト→ http://goodpatch.com/ 
 
 
5日間のインターンはほぼワークショップでした。
はじめにアイスブレイクなどしてもらいましたが、1日目の後半以降すべてワークショップです。
PM1人、デザイナー2人から構成されるチームに分けられ、全部で4チームに振り分けられ、課題とテーマに沿って進めていきます。自分はデザイナーとして参加しました。
 
 
ワークショップの課題は
「二つのキーワードを使って、誰かをハッピーにするサービスを作ってください。」
 
1つ目のキーワードっていうのはチームごとに違くて、各々くじ引き(?)で引き当てたテーマです。あるチームは「音楽」だったり、「ヘルスケア」だったり、「ファッション」もありました。
 
二つ目のキーワードはすでに選択肢があって、その中から好きなものを選択する式です。
選択肢に上げられたのは最近注目されてる技術で、「fintech」「仮想通貨」「AI」「ロボット」「VR」…..みたいな感じ。(全部覚えてなくてすみません)
 
ちなみに私のチームは「住まい」×「AI」です。
 
作ったものに関しては、割愛します。笑
 
 
※↓ここからは自分の振り返りです。読む人に気を使ってないのであんまり面白くない文章となっております。(あくまで自分用のログのつもりです)
読んでいただける方は、その旨ご了承ください。↓
 
Q. サマーインターンで、自分はどんな役割だったんだろう?
 
チームにおいて、自分は「参謀」っぽい役を担っていたかなあと思います。(トップとかいないのに参謀って言葉を使うとだいぶ適してない感あるので他にいい言葉あったら教えてほしいです)
 
そう思う理由としては、自分が一番貢献した場面が、3日目にチームメンバーの役割を再構築し直したことだと思うから。
正直、それをやったことでチームがうまい方向に転じたかはわからないけれど、最終的に各々が自分の得意分野に集中して、発表できる形として成果を上げられたことは自分たちにとってのゴールだったと思います。
 
サマーインターン3日にして、うちのチームは完全に失速してました。
方向性がぶれてる。社会的にニーズがない。そもそもちゃんとペルソナ出来てない。アイデア浮かばない。の繰り返し。
完全に何も見えてない状況。
 
 
チームの再構築において私がやったことは、それぞれのチームメンバーにゆかりのある友人に「その人の他己評価」を聞くこと。そして翌日にワークショップを設けて、各々に 「自分の得意だと思っている分野、苦手だと思っている分野、(PMには自分の思うPM像)」を考えてもらい、共有する場を設けたこと。そして役割分担をし直すことでした。
そのとき必要だったのは、多少暴走してもいいから自分の得意なこと、活躍できる役割を(半ば思い込みっぽいやり方だったけど)再認識することで、自分の活躍できるタイミングにでしゃばってもらいたかったから。自分を含め、のめり込みやすい性格の人が揃っていたので、そうすれば簡単にスピードが出せると思いました。
 
 
自己評価だけでなく他己評価も設けたのは、「自分が得意だと思ってるだけかもしれない可能性」があったからです。
(協力してくれたゆたきゃん、西谷、ほんとうにありがとう。すごく助かりました。あなたたちがいなかったら、うちのチームこんなうまく回ってません。)
 
 
ただ、あの残り日数少ないタイミングで完全に割り切って軌道修正したのは、個人的にはめっっちゃこわかったです。
先も見えないし、新しいアイデアもないし、(最初なぜかメンターさん怖くて声かけられなかったし)自分は普段めっちゃバッファほしいタイプなので、結構本気で焦ってました。
(2日目なんて特に「今すぐ消えて無くなりたい」と思ってました。)
 
でもね、すごいんです。うちのチームの人たち、諦めないんですよ。
ものづくりに励んできた人たちだからか、粘り強い強靭なメンタルを持ち合わせているようで、全チームの中で自分たちのチームが一番やばい状況なのを自覚しつつ、何回アイデアが潰れても諦めない姿勢は、本当に尊敬してます。
 
 
 
Q. 今回で悔しかったことは?
①サマーインターンという挑戦できる場所で、仲間の特性を活かせず面白いアイデアにできなかったこと。
 自分がもっと早くチームビルディングできていれば、もっとアイデアを出す時間を作って上げられたのかなと思ってます。自分はデザイナーで参加したけれど、「チームのメンバー」として「チームの進み方」についてもっと敏感になるべきだったと今になって思います。PMにもいろんな形があって、即席なメンバーだからこそPMに引っ張ってもらうことを前提に考えていたことが今回の最大の反省点だったなと思います。
 
②自分自身、誰かをハッピーにするためのワクワクするアイデアが浮かばなかったこと。
 これがめっちゃ悔しい。自分デザイナーのくせに、全然ユーザーのこと考える余裕がなかった。それが一番やらなきゃいけないことだったのに。
そもそもペルソナがマイナーになってしまったことがあるけど、「ペルソナをマイナーすぎるところに設定しないこと」っていうのは今回学んで次やらなければいいので、ポジティブに捉えました。
そもそも「ワクワク」とは何か?誰にとっての「ワクワク」なのか?誰をハッピーにしたいのか?
挑戦する時だったからこそ、もっとアイデアに時間割いてあげれば良かったなあ。
 
 
 
最後に
 
まず、Goodpatchのサマーインターンする機会をくださり本当にありがとうございました。
自分みたいな経験の浅い人間を寛大に受け入れてくれちゃうGoodpatchさん、ほんとうに懐広いです。
おかげで本当にたくさんのことを学ぶことができました。
 
最後のプレゼンで感動したことは、Goodpatchの人たちがすごく本気でFBしてくれたこと。こんなにすぐ「自分事化」して、意見を言ってくれる人たちって本当にかっこいいし、「あ、このひとたち人間に関するプロだ」と思いました。
同時に、もっといいものが作りたかったと思いました。色々ありましたが、それでもやっぱり振り返るともっとわくわくするものを作れただろうなと思います。
グループ面接の自己紹介スライドで「人に響く最高の遊び心をチームで生み出したい」と宣言した割に、自分遊び心について全然考えられてなかったなあという反省。
 
「偉大なプロダクトは偉大なチームから生まれる」ということを身をもって体感しました。
 
余談
 
グループ面接で同じだった美大生とばったり同じチームになり、1日目は正直めちゃビクビクしてました。(グループ面接の時も内心めっちゃビクビクしてた)
 
女子大出身でデザインの知識浅いし、全て独学で得た知識だし、本気でデザインと向き合って勉強してきた美大生たちにかなうのか?役に立てるのか?完全置き去りになってしまうんじゃないか?という気持ちでいっぱいでした。
 
おそらく、劣等感からくるものだと思います。
(今でこそポジティブシンキングで生きてますが、根底にあるネガティブな考え方がぬぐいきれない人間なのと昔悩んでたこともあるので、美大生っていう方々にすごい劣等感がありました。気を悪くされたら本当にごめんなさい)
だからこそサマーインターン中は無我夢中で、自分ができることをとりあえずひたすらやりました。「余裕」の「よ」の字もない。
 
サマーインターンが終わった後に、同じチームのデザイナーの子から愛の溢れる長文のメッセージと、「織田ちゃんがいてくれて本当に良かった。結婚しよう。」っていう言葉をいただきまして、すごく嬉しかったです。笑
 
その嬉しさは多分、学校関係なく一人の「デザイナー」としてその子とチームの役に立てたことが大きいと思います。
一緒にねばってくれた田島くんと茉亜美ちゃん、本当にありがとうございました。
 
 
まあ結果だけ見ると、順位は最下位だったんですけどね。笑
(結果も大事だけど、自分にとっては結果残すためのサマーインターンじゃなかったので、あんまり凹んでない)
 
でも、自分の劣等感を少し克服できたことが、このインターンで得たものとして大きいと思います。
諦めて動かないのが一番勿体ないんだなあと感じました。
 
心なしかエモくてめちゃめちゃな文章になりましたが、学生のうちにこんないい体験をさせてもらったので、これからもデザイナーとして精進していきたいです。
ありがとうございました。
 
 
 2017.09.03 織田